神田愛花 小室圭さん“28ページ文書”に「そんなに時間割けない」「不安が逆に増えた」

[ 2021年4月11日 13:48 ]

フリーアナウンサーの神田愛花
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの神田愛花(40)が11日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。秋篠宮家の長女眞子さま(29)と婚約が内定している小室圭さん(29)が8日に公表した文書について言及した。

 小室さんは週刊誌などで、小室さんの母と元婚約者との金銭トラブルが報じられていることについて8日、全28ページにも及ぶ文書を公表。公表に至った理由を「誤った情報をできる範囲で訂正する」と説明し、自身の見解を示した。小室さんが公表した文書は、概要4ページ、本文11ページ、脚注13ページと、まるで法律の論文のような構成だった。

 公開された文書に対し神田は、「28ページに及ぶ文書というのは、私たち、そんなに小室圭さんに時間割けないじゃないですか。すごく丁寧に書かれているんですけど、全部読もうっていう気が起きなくて」と述べ、「皇室のみなさまが、お気持ちとかお言葉を文書で公表されるときって、どんな国民にもすっと読めるような長さやお言葉を選ばれて書かれてらっしゃるのと比べると、対照的だった」とコメント。さらに「眞子さまのことを幸せにしてくださるのかどうかっていう不安が逆に増えた」と吐露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース