石橋貴明 西武の入団テスト受けていた過去を明かす テスト見守ったのはあの大物監督

[ 2021年4月11日 13:25 ]

石橋貴明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(59)が11日、パーソナリティーを務める「日本生命 presents 石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)に出演。高校時代、西武の入団テスト受けていた過去を明かした。

 この日はソフトバンクの強さがテーマ。スカウト活動の強さは故・根本陸夫氏のイズムがベースになっていることなどが紹介された。石橋は「1979年ですか、僕は西武ライオンズの新人テストを受けていて、当時根本監督で」と明かした。1次テストに合格し、2次テストでは2軍の室内練習場のブルペンで、2軍の捕手相手にピッチングを披露したという。

 「後ろでじっと腕組みしながら見ていたのが根本監督でした。僕は根本監督に投球を見てもらっていたんです」と明かした。「5、6球投げてもういいと言われて、僕のプロ野球選手の夢は断たれたわけですけど」と語ってスタジオの笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース