有吉弘行と電撃婚 夏目三久アナ、仕事セーブし夫サポート最優先の意思

[ 2021年4月11日 08:00 ]

芸能「覆面座談会」 これが“噂の深層”

結婚を発表した有吉弘行(左)と夏目三久
Photo By スポニチ

 うそかと思ったエープリルフール婚。有吉弘行(46)と夏目三久(36)の電撃婚に日本中が驚きました。V6の解散発表や田中邦衛さん(享年88)、橋田寿賀子さん(享年95)の訃報と、さまざまなことが起きた春の芸能界。いつものメンバーが注目ネタに切り込みます。

 ワイドショーデスク 有吉と夏目アナの結婚はビックリした。一報はスポニチのネット速報だったが、一体いつから交際してたの?

 芸能リポーター どこの社もはっきり分かっていない感じだが、スポニチに「2015年に夏目が住む都内の高級住宅地に有吉が引っ越してきたことで交際が本格的にスタートした」とあった。でも、その引っ越し翌年の16年8月に一部スポーツ紙の熱愛妊娠報道があった際、夏目アナ本人が否定してたよね。あれってどういうことなの?実際交際は続いていたの?

 週刊誌記者 あの時の一報はいわゆる“熱愛結婚”報道じゃなかったからね。そこは大きかったよ。

 スポニチ本紙デスク どんな記事だったかというと、夏目アナが未婚なのに妊娠し、その父親は有吉で、その影響で番組を降板するという内容で、しかも結婚未定とまで書いてあった。朝の人気キャスターが結婚する気もないのに妊娠し、降板するという醜聞だったため、事務所側は誰かが意図的に書かせた記事と受け取ったんだ。

 ワイドデスク 確かに新聞ではお目にかかったことのない記事の書き方で驚いたよね。

 本紙デスク 当時、夏目アナが「女性にとってこれ以上ない極めて私的な内容が断定して書かれ、あまりにひどい内容にショックを受けた」と完全否定したのも、そこが理由。当時2人の交際については、報道がある3カ月以上前からウチと週刊誌2社が取材していた。実は妊娠の噂は当時からあって、一番早く動いていた週刊誌で2月くらい。その半年後の妊娠報道だったから、元々情報が正しかったなら出産目前でおなかが大きくなっていないとおかしかった。当時の取材では16年3月まで交際していたのは間違いなかった。別れた時期があったかは分からないが、あの報道がなければ2人の交際はもっとスムーズに進んだかもしれない。

 リポーター 今回の結婚発表で気になったのは夏目アナの言葉。「スタッフの皆さま、共演者の皆さまと過ごした時間は、私にとってかけがえのない経験で、生涯忘れることはできません」とあって、まるで引退する人みたいだった。

 週刊誌記者 その前に「有吉さんと夫婦になり、この上ない喜びと幸せを感じております」とあるから、妻として夫を支えていくことを最優先にするという意思の表れ。TBS「あさチャン!」の9月終了も決まったし、レギュラー番組の今後が気になるところだね。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース