松本人志、娘への溺愛ぶりが明らかに「ほぼ怒ったことない。目に針刺してきても怒らない」

[ 2021年4月9日 22:54 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(57)が9日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜後9・58)に出演し、娘への溺愛ぶりを明らかにする場面があった。

 モデルでタレントのトラウデン直美(21)が「奥さんとお子さんがケンカしたときにどちらにつきますか?」と共演者に投げかけ、あるエピソードを語る。「私はママと、結構バチバチにケンカするんですね。私の方が口が達者で言い負かしてしまうと、ママはその辺にあるもの全部投げてくるんですよ。でも、パパは何も言わなくて私をなだめるんです。こっちじゃなくて、言うならそっちじゃないって?」と不満げに話した。

 これを聞いた松本は「俺は娘をほぼ怒ったことないのでね。たぶん、何してきてもね。なんなら、目に針刺してきてもたぶん怒らない」と話し、笑わせる。「せっかく娘についたわりには、意外と娘は俺に感謝しないからね」と哀愁を漂わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月9日のニュース