Hey!Say!有岡大貴 初の舞台単独主演「想像超える予感」

[ 2021年4月9日 04:00 ]

「アシタを忘れないで」で舞台初単独主演を務めるHey!Say!JUMPの有岡大貴
Photo By 提供写真

 Hey!Say!JUMPの有岡大貴(29)が「ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』」で舞台単独初主演を務めることになった。企画とプロデュースにも初挑戦しており「こんなことができたらいいな、という思いが僕自身の想像を超えて形になる予感がしています」と語った。

 演劇と謎解きを掛け合わせ、観客がスマートフォンなどを用いて主人公を手助けする新感覚の舞台。問題制作には謎解きクリエーターの松丸亮吾(25)が参加する。有岡は「素晴らしいスタッフ、キャストにお集まりいただいています。この作品をお届けできる日を楽しみにしています」と意気込んだ。7月12日~8月8日に東京グローブ座のほか、大阪・梅田芸術劇場のシアター・ドラマシティでも上演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月9日のニュース