おぎやはぎ・矢作 有吉結婚をジョークまじりに祝福「『そろそろどうかな…』って念を送った」

[ 2021年4月9日 12:31 ]

「おぎやはぎ」の矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」が8日深夜、TBSラジオ「JUNK おぎやはぎのめがねびいき」(木曜深夜1・00)に出演し、お笑いタレント有吉弘行(46)とフリーアナウンサー夏目三久(36)の結婚を祝福した。

 1週間の話題を振り返るトークで、矢作兼(49)が「有吉君ね。これが一番あれか」と取り上げた。2人が念を送り、リスナーとスプーン曲げを行うというこの日の企画にかけ、矢作は「ちょうど俺が念を送った次の日かな?結婚発表したの。結婚しないかな?と思ってたから」とジョークまじりに話した。

 さらに矢作は「結婚しない独身の人たち、いっぱいいるじゃない?できないだろうなと思う人ってやっぱいるよね、『アンガールズ』の田中とか」と田中卓志(45)をいじりつつ、「でも有吉君の場合さ、できないなって感じしないじゃない?だから、するだろうなと。いずれね。『そろそろどうかな、そろそろどうかな…』って念を送ったら、次の日、したよね」と続けた。

 すると、小木博明(49)も矢作のボケに続き、「発表で来たでしょう?手紙が。『字、傾け、字、傾け』って(念じていた)」と、有吉が結婚発表した際の書面の斜め字体について冗談半分に指摘していた。

 矢作は「良かったよ。結婚できて。うれしいよ、俺は」とつぶやいた。有吉には祝福のメールを送ったいう。「一応メールを送ったよ。『おめでとう』って。そしたらね、『ありがとう。コロナに気を付けてね』って書いてあった」と有吉とのやりとりを明かし、笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月9日のニュース