橋田壽賀子さん 両親が眠る寺で納骨式 泉ピン子が遺影抱き参列

[ 2021年4月9日 10:41 ]

脚本家の橋田寿賀子さん
Photo By スポニチ

 急性リンパ腫のため4日に95歳で亡くなった脚本家の橋田壽賀子さんの納骨式が9日朝、愛媛・今治市内の寺でしめやかに執り行われた。

 同寺は橋田さんの両親が眠る寺。生前、橋田さんが納骨を希望していたそうだ。この日午前8時前に、女優・泉ピン子(73)ら関係者10人が車で到着し、式に参列した。午前8時から読経。8時半過ぎから納骨が行われた。

 橋田家の大きな墓は、緑に囲まれたお寺の北側にある見晴らしのいい高台に。橋田さんが亡くなってから初めて公の場所に姿を見せたピン子は、黒の帽子を目深にかぶり、胸には橋田さんの遺影を抱きしめて寺へ入った。本紙の呼びかけには軽く会釈しただけ。納骨後も問いかけには応じず、終始無言でお寺を後にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月9日のニュース