「チーム・ハンサム!」ファン感で笑顔 太田将熙「みなさんの拍手がすごく伝わってくる」

[ 2021年4月9日 19:04 ]

ファン感謝祭のライブイベントを行った「チーム・ハンサム!」
Photo By 提供写真

 芸能事務所「アミューズ」の若手俳優集団「チーム・ハンサム!」が9日、東京ドームシティホールでファン感謝祭イベントを行った。

 年に1度の感謝祭で、春夏秋冬をテーマにしたライブ。小関裕太や甲斐翔真をはじめ、ドラマや舞台で活躍する若手が目白押しで、昼公演には、小関、甲斐のほか、石賀和輝、太田将熙、鈴木仁、富田健太郎、兵頭功海、新原泰佑、福崎那由他、藤原大祐、細田佳央太、松岡広大、渡邊圭祐の13人が出演。昨年12月に発売したアルバム「GET IT BACK!」の収録曲を中心に23曲を披露した。

 新型コロナの感染防止のため観客は声を出せなかったが、メンバーは心のこもった大きな拍手に笑顔を見せた。太田は「みなさんの拍手がすごく伝わってくる」と喜んだ。

 チーム・ハンサム!は今年で結成から16年。今や全国区の人気を誇る佐藤健や吉沢亮や三浦春馬さんも、以前はハンサムメンバーとして活動。多くの人気俳優を送り出してきる。

 この日は初の試みとして、メンバー4人がバンドを組んでの生演奏に挑戦。甲斐がボーカル、鈴木がギター、渡邊がベース、細田がドラムを担当。ほとんどが素人同然ながら練習を重ねた成果をファンに見せた。

 来月開幕するミュージカル「ロミオ&ジュリエット」に主演する甲斐は、その美声で観客を魅了。自身が作曲したバラード曲「TWILIGHT」で力強く甘い歌声を響かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月9日のニュース