“文春砲”被弾から6カ月 アンジャ渡部の騒動経過

[ 2020年12月4日 05:30 ]

アンジャッシュ渡部建 謝罪会見 ( 2020年12月3日 )

会見の冒頭、深々と頭を下げるアンジャッシュ・渡部(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ▼6月9日 テレビ・ラジオ出演の全面自粛を申し入れ

 ▼同11日 週刊文春が複数女性との多目的トイレを用いた不倫関係を報道

 ▼同12日 妻の佐々木希がインスタグラムで「主人の無自覚でご迷惑を」と、相方の児嶋一哉がラジオ番組で「天狗(てんぐ)だった」と謝罪

 ▼同25日 週刊文春のインタビューで騒動後初めて心境を明かす。不倫相手を「安全に遊べる子たち」と表現

 ▼7月30日 児嶋が騒動後初めてイベントに登場。コンビについて「復活できないかもしれないし、僕の中でも分からない」

 ▼9月2日 佐々木がファッション誌「anan」インタビューで騒動に言及。「私自身も変わらなきゃと、少しずつ前向きに」

 ▼10月28日 佐々木が騒動後初の公の場となるイベントに出席。渡部には言及せず

 ▼11月20日 スポニチが、渡部が大みそかの日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」で電撃復帰と報道

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月4日のニュース