宮崎謙介氏 渡部の不倫謝罪会見に「私は意見を申し上げられる立場ではございません」

[ 2020年12月4日 21:43 ]

宮崎謙介氏
Photo By 提供写真

 元衆院議員の宮崎謙介氏(39)が4日、金曜MCを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演。無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」が渡部建(48)が開いた3日の会見について話を振られ、「私は意見を申し上げられる立場ではございません」と語った。

 宮崎氏は2016年に不倫問題で衆院議員を辞職。先月27日、「文春オンライン」に再び不倫を報じられ、同日放送の「バラいろダンディ」に生出演した際に「お騒がせしまして申し訳ございません」と謝罪した。

 今回の番組では、渡部の会見について「SNSを中心に渡部に否定的な声があがる一方、執拗に攻め立てる芸能リポーターに対しても何様のつもりだという非難の声が」と伝えた。

 浅草キッド・水道橋博士(58)がスタジオを見渡し「一人だけ、この人がコメントすればネットが騒ぐっていう人がここにいるんですよ」とニヤリ。その後デーブ・スペクター氏が「渡部さんのを見てどう思いました」と追随した。

 宮崎氏は神妙な表情。「私はですね、こちらの件に関しては意見を申し上げられる立場ではごぜいませんので、はい。私は自分と向き合ってしっかりと歩んでいきたいと思っています」とコメントした。

 自身の不倫騒動。妻で元衆院議員の金子恵美氏(42)には「最初怒られましたけど、あとはもう一緒に頑張っていこうって感じで」と告白した。「今は許すけどこれから(改善した)態度を見せてよね」と言われているそうだ。共演者から、渡部の妻で女優・佐々木希(32)について水を向けられると、「私はもうはい、(渡部を)許していただきたいですね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月4日のニュース