カズレーザー アンジャ渡部会見で“かわいそう”の声が出現「結果的に…もうけもの」

[ 2020年12月4日 09:41 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 「メイプル超合金」のカズレーザー(36)が4日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛していたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日夜に開いた謝罪会見について言及した。

 多目的トイレを利用した複数女性との不貞行為などについて「おおむね報道にあった通りです」と週刊文春報道を認め、「本当に最低な行為だったと思います」と陳謝。汗だくになり報道陣の質問に答え続けたが、年末特番への出演報道については「それに関してはお答えできません」と歯切れは悪く、核心をついた質問には「それに関しても…」を連発した。

 カズレーザーは「謝罪の目的が明瞭じゃなかった。正直、今、渡部さんに不快感なり嫌悪感なりを抱いている層っていうのは実害を受けているわけではないので、この謝罪会見をしたことで解消することってそもそも無理じゃないですか」とした上で、「ただ今回の会見が目的がなかったせいでグダグダになった。それで記者の方が堂々巡りで結果的に渡部さんがかわいそうって発信するグループが現れたのはもうけもの。プラスになるんじゃないですかね」と自身の見解を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月4日のニュース