坂上忍 渡部謝罪会見のリポーターに怒り心頭「あってはならない」

[ 2020年12月4日 14:22 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(53)は4日、MCを務めるフジテレビ「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に出演。不倫騒動で無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日に開いた謝罪会見について、リポーターの質問などに不快感を示した。

 今回の騒動について「多目的トイレって言うのはちょっと決定的にイメージが悪かった」と指摘。ただ、会見でリポーターが投げかけた「(騒動後)多目的トイレは使ってますか?」との質問について「まずここが引っ掛かっちゃって。そのあとも結構引っ掛かることがあった」と厳しい表情を浮かべた。

 さらに、会見で大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズでの復帰について問われた渡部は「僕の口から申し上げられない」「申し訳ありません」と明言せず。業を煮やしたリポーターからは「我々も“ガキの使い”で来てるわけじゃないので」の声も。渡部が「すみません」と返答する一幕があった。

 坂上は「会見が破綻しているのが象徴的に如実に現れた部分」と指摘。「記者の方たちのいら立つ気持ちが分からないでもない」としながらも「ああいうような形で渡部くんを嘲笑するようなやり方っていうのは、僕はあってはならないと思う」と怒り心頭。「仲の良いスタッフとかに、僕ら演者は見られる側で、常に見られる意識を持っていないといけないと言うけど、あなたたちだって見られているんですよと。会見はリポーターさんも記者さんも見られている中で、ああいうような(番組)タイトルを引っ掛けて、使いどころを自力で作るみたいなやり方は許せなくなっちゃった」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月4日のニュース