“ティーンのカリスマ”山之内すず、今後は女優業にも注力「少しずつ挑戦」

[ 2020年10月29日 15:00 ]

「STAR SMASH」発表会に出席した山之内すず
Photo By スポニチ

 タレントの山之内すず(19)が29日、都内で行われたスマートフォンゲーム「STAR SMASH(スタースマッシュ)」発表会に出席。

 “ティーンのカリスマ”と呼ばれ大ブレイク中の山之内だが、今後の展望を「演技の仕事もしたいなって思っていて、少しずつ挑戦している。これからは女優もやっていると認知されるのがいまの目標」と明かした。あこがれている人物を聞かれると「特定の人にあこがれるタイプではないけど」としながらも女優の趣里(30)を挙げた。

 「私が1番好きな映画の主演をされていて、楽屋あいさつに行っただけで泣きそうになった。というか、ほぼ泣いた」と振り返り、「独特なきれいな雰囲気を持っている。私もそうなりたい」と目を輝かせた。

 この日イベントで共演したお笑いコンビ「ミキ」は、山之内と仕事で一緒になることが多いという。昴生(34)は「毎日一緒。家族ぐるみで仲良くしたい。もう妹ですよ」といい、女優業進出と聞くと「ドッキリもできるから女優さんもできると思う。でも、キスシーンだけはやめてね。NGだから!」と独占欲丸出しだった。

 また、亜生(32)が「M-1グランプリの審査員されている方は全員スターだなって思います。色々学びたい。審査員される人はすごいですね」とキリッとした顔で発言すると、昴生が「こいつM-1の決勝を見据えてこびり始めた。今年誰が審査員するのかわかってへんのに」とすかさずツッコみ、「今年は期待しないでください」と苦笑した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月29日のニュース