エビ中・安本彩花、悪性リンパ腫で休養「明るい未来の為に治療に向き合うのみ」

[ 2020年10月29日 10:25 ]

「私立恵比寿中学」の安本彩花
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「私立恵比寿中学」の安本彩花(22)が悪性リンパ腫と診断され、休養に入ることが分かった。29日、グループの公式サイトで発表された。

 公式サイトで、安本について「悪性リンパ腫と診断され、治療に専念すべく、当面の間休養させていただくことになりました」と発表。「復帰時期がみえましたら改めてご報告させていただきます」とした。安本は昨年10月に休養に入ることが発表され、今年3月から活動を再開していた。

 発表を受け、安本本人も公式サイトにコメントを掲載した。全文は以下の通り。

 皆様にご心配をおかけする報告をまたすることになるとは思ってもみませんでした。

 私は明るい未来の為に治療に向き合うのみです!

 全力で病気と闘います!!!!!

 安本を応援してくださるファンの方が1人でもいるのなら私はその応援をエネルギーに頑張ります!!!

 大好きなエビ中に何度だって戻ってきます!!

 また皆さんの前で元気に歌って踊る事を目標に頑張ります!!!!

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月29日のニュース