伊藤健太郎容疑者は男気あるタイプ ともに仕事したテレビ関係者「信じられない」

[ 2020年10月29日 11:52 ]

伊藤健太郎容疑者
Photo By 提供写真

 伊藤は、端正なルックスと明るい人柄で若い女性を中心にブレークした。芸能界入りのきっかけは、14歳で始めたモデル。「kentaro」や「健太郎」の名で活動していた。

 演技に目覚めたきかっけはトーク番組で、「蜷川幸雄さんの舞台のオーディションに落ちたこと」と明かし「なんか“めっちゃくやしいな”と思って」と語っている。その後、2014年初出演したドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で注目を集め、映画やドラマに出演を重ねる。2018年には芸名を本名である「伊藤健太郎」に変更。出演したドラマ「今日から俺は!」の役名も「伊藤」だったことから運命を感じて決めたという。

 19年のNHK連続テレビ小説「スカーレット」で主人公の息子役でお茶の間の知名度も高まる中、今年9月には、所属事務所をモデル時代の古巣に戻した。

 ともに仕事をしたテレビ関係者は「裏表のない性格で、男気があるタイプだと思っていたので、報じられたような行動が信じられない」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月29日のニュース