白石麻衣、乃木坂46卒業…唯一の同い年・松村沙友理が別れ惜しむ「頑張れない…」

[ 2020年10月29日 00:00 ]

松村沙友理(右)の手紙に涙があふれる白石麻衣
Photo By スポニチ

 乃木坂46白石麻衣(28)の卒業コンサート「Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~」が28日、配信限定で開催され、松村沙友理(28)が白石へ惜別の手紙を読んだ。

 同期の1期生で、唯一の同い年メンバー同士ということもあり、活動開始当初から意気投合。一緒に海外旅行へ行くほど、仲を育んだ。そんな松村にとって、白石との一番大切な思い出は、事務所のピアノの下に隠れながら、2人で他愛もない話をしたことだという。

 一生出ることがないと思っていた大阪から上京し、寂しい思いを埋めてくれたのが白石の存在だったという。「1人でいる私をご飯に誘ってくれてありがとう。『(16人の)プリンシパル』の練習中、つらいねって一緒に泣いてくれてありがとう。しんどい時、前を向けようになるまで待っていてくれてありがとう」。涙ながらに手紙を読む松村に、白石は涙で何度もうなずいた。

 下を向く松村に、白石は「沙友理ちゃんは大丈夫。今までも頑張って来られたから」と激励した。「頑張れない…」と弱音を口にする松村に、「寂しいけど、大丈夫だよ」と優しくささやいていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月29日のニュース