白石麻衣、乃木坂卒業後は?…モデル活動中心も女優業に本格進出へ 声優、野球…幅広い活躍期待

[ 2020年10月29日 05:30 ]

松村沙友理(右)の手紙に涙があふれる白石麻衣
Photo By 提供写真

 乃木坂46の白石麻衣(28)の卒業コンサートが28日、オンラインで生配信された。5月に東京ドームで開催予定だったが、コロナ禍で中止となり、この日、都内で無観客開催された。

 白石は卒業後、モデル活動を中心としながら女優業にも本格進出するとみられる。グループ内でも屈指の美貌の持ち主。17年にはセカンド写真集「パスポート」が歴代最高の週間売り上げを記録。男性ファンのみならず女性からも絶大な支持を集めており、関係者は「今後もモデルとしての活動が軸になるでしょう」と語っている。

 女優業では、18年にフジテレビ「世にも奇妙な物語」で初の単独主演を果たした。今年公開の映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」ではヒロインを務めるなど、徐々に活動の幅を広げている。

 元々、乃木坂46のオーディションを受ける前には音楽の専門学校に通っており、卒業シングル「しあわせの保護色」のカップリング曲「じゃあね。」では作詞にも挑戦。最近のインタビューでは「卒業後もいろいろなことに挑戦したい」と語っている。音楽業のほか、かねて興味があると語っていた声優業、野球やファッションといった趣味を生かした活動など、幅広い活躍が期待される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月29日のニュース