羽生九段、広瀬八段下し無傷3連勝でトップ並ぶ 王将戦挑戦者決定リーグ

[ 2020年10月29日 17:55 ]

盤面を凝視する羽生善治九段(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負(来年1月開幕予定)で渡辺明王将(36)の対戦者を決める挑戦者決定リーグの対局が29日、東京都渋谷区の将棋会館であり、羽生善治九段(50)が広瀬章人八段(33)を83手で破った。終局時間は午後5時45分。

 羽生はこれで無傷の3連勝とし、同じく3勝0敗の豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=、永瀬拓矢王座(28)と並んで挑戦者争いでトップに立った。一方、広瀬は1勝2敗となった。

 先後はあらかじめ抽選で決まっており、先手は羽生。序盤から大駒が飛び交う空中戦になったが、先にリズムを掴んだのはリーグ戦で好調をキープする羽生。終盤、粘りをみせた広瀬の王を最後はきっちり寄せきった。

 次戦は羽生が来月3日に永瀬と全勝同士で激突。広瀬は同2日に藤井聡太2冠(18)=王位と棋聖=との対局が予定されている。

 この日は藤井と佐藤天彦九段(32)の対局も行われており、午後5時50分現在、戦いは続いている。これまでのリーグ成績は藤井0勝3敗、佐藤1勝3敗で、ともに挑戦権獲得の可能性をすでに失っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月29日のニュース