古市憲寿氏 白石麻衣の卒コン配信トラブルに「もうちょっと準備できなかったのか」

[ 2020年10月29日 09:05 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 社会学者の古市憲寿氏(35)が29日、フジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。28日にオンラインで生配信された乃木坂46の白石麻衣(28)の卒業コンサートで、アクセスの集中による配信トラブルがあったことに言及した。

 絶対エースの卒業は大きな関心を集め、推定で約69万人(主催者発表)が視聴。ライブを配信したプラットフォームのひとつの楽天TVでは、コンサート開始時間の午後7時になってもつながらない配信トラブルが発生。午後7時半ごろにライブが始まっても、完全には復旧せず、リアルタイムでライブを見られないファンが多数出た。同サイトのみが特典付きチケットを販売していたため、ファンの多くが同サイトを利用していたとみられる。

 古市氏は「東京ドームの公演って大体5万人くらいなので14回分くらいってことで、リアルではできなかった人が同時体験できたって意味では、かえって意味があったと思うんですけど、ただこれくらいの数は予測できたわけで、楽天TV側はもうちょっと準備できなかったのかって、思っちゃいましたね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月29日のニュース