「楽天TV」白石麻衣卒コンの配信トラブル謝罪「窓口にお叱りやご意見 真摯に対応すべきと受け止め」

[ 2020年10月29日 21:46 ]

 28日に東京都内で無観客開催された乃木坂46・白石麻衣(28)の卒業コンサートを生配信したプラットフォームの1つ「Rakuten TV」は29日、アクセス集中によりライブ開始時間の午後7時になってもつながらないなど、配信トラブルが発生したことについて公式サイトで謝罪した。

 コンサートは午後7時半頃に始まったが、完全復旧には至らず、リアルタイムでライブを見られないファンが多数発生。同サイトのみが特典付きチケットを販売していたため、ファンの多くが同サイトを利用したとみられる。また、野球中継など他の配信にも影響を及ぼした。

 「【お詫び】10/28のシステム障害について」と題した謝罪文は以下の通り。

 いつもRakuten TVをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 このたび「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert ~Always beside you~」のライブ配信に際して、アクセス集中によりRakuten TVの視聴ページが大変混雑し、一部のお客様がサイトにつながりにくい状態が続いておりました。

 お客様ならびに、お取引先の皆様、関係者の皆様には、多大なるご不便、ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 現在、弊社窓口へお叱りの言葉や、ご意見を頂いており、真摯に対応すべきと受け止めております。

 アクセス集中により、本公演が開演時間からご視聴ができなかったお客様におかれましては、改めてご案内をさせていただきますので、今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

 お客様には、ご迷惑をおかけしましたこと重ねてお詫び申し上げます。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月29日のニュース