「鬼滅」映画効果 ソニー連結業績予想を上方修正

[ 2020年10月29日 05:30 ]

史上最速で興収100億円を突破した「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のポスター(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)
Photo By 提供写真

 ソニーは28日、2021年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を従来見通しの8兆3000億円から8兆5000億円に、本業のもうけを示す営業利益を6200億円から7000億円にそれぞれ引き上げた。新型コロナウイルス感染拡大を受けた「巣ごもり需要」でゲーム事業が業績を押し上げる。

 アニメ事業で連結子会社が製作や配給に関わるアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の大ヒットも寄与する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月29日のニュース