本田紗来、自宅工事中に思いがけないアクシデント…ブラマヨ小杉も驚き「とんでもない事件やないか!」

[ 2020年10月22日 22:57 ]

フィギュアスケート女子の本田紗来
Photo By スポニチ

 タレントでフィギュアスケーターの本田紗来(13)が22日放送のTBS「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(木曜後8・00)に出演。信じられない出来事があったことを告白した。

 紗来は姉の望結(16)とともにゲストとして番組に参加。MCを務める「ブラックマヨネーズ」小杉竜一(47)から2人へ「本田家のニュースありますか?」との質問が振られた。

 望結は2人の姉・真凜(19)が今月10日の大会で、提出音源CDを間違えたハプニングを披露。ほぼアドリブで踊ったものの、無事予選を通過できたことを伝えると、スタジオからは驚きの声が上がった。ちなみに真凜は、そのアクシデントを振り返り「笑っていた」という。

 続いて紗来が口にしたのは自宅での出来事。「工事の方が家に来てて、私の部屋の前(外)で工事していたんですけど、部屋(の中)に光が欲しくて、カーテン開けてて…着替えてて“パンツ一丁”だったんですよ」と前置きすると「工事の方が(窓の)前にいて、結構見られてたなぁっていうのが、事件です」と、まさかの告白をした。

 にこやかに話す紗来とは裏腹に、小杉は話を聞くなり「とんでもない事件やないか!」と驚くばかり。相方の吉田敬(47)も「スゴい事件が2つあった!」と笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月22日のニュース