矢田亜希子 「二十歳のとき一人でパリ本店で」20年以上愛用のエルメスブーツ姿に「可愛いすぎる」

[ 2020年10月22日 14:34 ]

女優の矢田亜希子
Photo By スポニチ

 女優の矢田亜希子(41)が22日、自身のインスタグラムを更新。20年以上、履き続けている愛用するエルメスのブーツ姿を公開した。

 矢田は「タイツ履いた」と全身黒の私服コーディネートで、黒タイツに黒のブーツ姿を投稿。ワンピースはsacai(サカイ)で、ブーツのバッグはhermes(エルメス)であることを記した。

 ハッシュタグで「#このブーツは20年以上履いています」「#二十歳のとき一人でパリ本店で買った」「#ずっと大切に履いているもの」「#すごい年月w」「#好きなものがずっと変わらない」などと添え、20年以上履き続けている特別なものであることを明かしている。

 この投稿に、ファンは「アラフォーには見えん!」「ブーツ似合ってます」「素敵です」「綺麗」「可愛いですね~」「セクシー」「カッコいいです」「可愛いすぎる」「パーフェクトでございます」「素敵なコーデお似合いですよ」「いつ見てもお綺麗ですね」などとコメントが寄せられている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月22日のニュース