井戸田潤、あのEXILEメンバーとバイト仲間だった過去 デビュー前に「“やめとけよ”と一回止めた」

[ 2020年10月22日 12:20 ]

「スピードワゴン」の井戸田潤
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤(47)が22日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。「EXILE」のあるメンバーとの意外な関係について語った。

 この日の同番組は、15年来の親交があるMCのバナナマン・設楽統(47)と歌手で俳優の星野源(39)の対談を放送。スタジオで「刺激になる存在」という話題でトークが行われる中、井戸田も「僕もいます」と該当する人物がいることを明かした。

 それはEXILEのUSA(43)。井戸田は「EXILEになる前にバイト仲間だったんですよ。酒屋さんで僕がバイトリーダーやってて、そこにUSAが入ってきた」と明かし、当時のUSAについて「全然仕事できない。タラタラしやがって」と笑いを交えながら語った。

 ダンスの練習に明け暮れていたUSAは、グループを結成してデビューすることを決意し、アルバイトをやめることに。井戸田は「“急には困るよ。バイト回らなくなっちゃう。そんな雲をつかむような話やめとけよ”と一回止めた」と明かし、「決意が固かったから背中を押したら、1年後には大スターになってた」と振り返った。

 現在もUSAとの交流は続いており「1週間くらい前にも飲みました」と良好な関係を明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月22日のニュース