バナナマン設楽、東京03とのコントで起きた流血アクシデント「もう真っ赤になっちゃって」

[ 2020年10月22日 12:53 ]

バナナマンの設楽統
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(47)が21日放送のTBS「バナナサンド」(水曜後11・56)に出演。ゲスト出演したお笑いトリオ「東京03」とのユニットライブで起きたアクシデントについて語った。

 5人でのコント中、「みんなでバタバタしているのを俺が引きはがしたりしていた」と設楽。その際、豊本明長(45)が転んだといい「(豊本の)足が鼻にガーンって当たったの。ただの鼻血じゃなくてもうドバドバ出ちゃって」と大量出血のアクシデントに見舞われたと明かした。

 設楽はコント内で狂気じみた役を演じていたことから「ヤバい人だから俺は血が出てても別に」と、途中から鼻血をぬぐうこともやめたため「この辺(胸のあたり)もう真っ赤になっちゃって」と振り返った。

 これに対して飯塚悟志(47)は「あそこまで行くとやっぱお客さんって笑うんだよ」と力説。バナナマンの2人も納得の表情を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月22日のニュース