フジ宮司愛海アナ 「結婚運全くない」の占いに「泣きそう」も…仕事運は上昇へ

[ 2020年10月22日 15:23 ]

フジテレビ・宮司愛海アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビ宮司愛海アナウンサー(29)が、21日夜放送のフジテレビ系占いバラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?」(水曜後10・00)に出演し、凄腕占い師から結婚運のなさを指摘された。

 四柱推命、九星気学、神通力を融合した「帝王占術」の占い師・木下レオン氏は、まず「性格的に勝ち気です。負けず嫌い」と宮司アナの性格を診断。すると宮司アナは「自分が置かれた場所以外のところに出て行って、運命を自分で変えていきたいとずっと小さいころから思ってました」と、昔から明確だった人生のビジョンを明かした。

 一方で、恋愛関係では泣きどころをズバズバと突かれた。木下氏から「お付き合いする人は、子供っぽい人が今まで多かったはずです」と指摘されると、宮司アナは「そうだと思いますね。子育てしてたのかな?みたいなことが多かったです」と素直に告白。さらに「結婚運が全くない。結婚しても確実に離婚する」、「結婚運の絶頂期は31歳の時。離婚が35。31歳の時に結婚したら、うまく行きにくくなるのが32歳の時」と、残念な占い結果を伝えられると、宮司アナは「泣きそう…」と頭を抱えた。

 対照的に、仕事運はこれから転換期に入るという。木下氏からは「今からとにかく良くなっていく。環境が大きく変わる。引っ越しを考えるとか、引っ越しをしたいとか」と占うと、宮司アナは「1週間以内に引っ越しました」と驚きの告白。新居の方角を聞かれて「東の方」と答えると、木下氏から「東には引っ越していないと思う。北東の方に引っ越していると思う」と指摘された。すると宮司アナも「…北東だ!」と間違いに気づき、「ビックリするくらい即決してすぐ引っ越したんですよ」と明かしていた。

 木下氏によると、その直感力が宮司アナの今後のカギを握るという。「ちょうど今から3カ月くらいがいろんな問題が出てくる」ものの、「きついなと思った年末くらいが1番、運気がいい」(木下氏)。さらに「負けん気の強さと土壇場に強いあなたでチャレンジして下さい。ここで人生の10年が決まる」と励まされると、宮司アナは「すごく大事じゃないですか!」と驚いていた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月22日のニュース