高橋真麻 卒乳を公表し、母乳神話に苦言「母乳=母の愛情ではありません 私は私」

[ 2020年10月22日 18:50 ]

フリーアナウンサーの高橋真麻
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー高橋真麻(39)が22日、自身のブログを更新し、6カ月の長女の卒乳を公表した。

 真麻は4月に第1子となる長女を出産。育児の真っ最中だが、「実はわたくし、卒乳しておりました」と報告。もともと母乳の出がよくなく、さまざまなマッサージなどを試したが、軌道に乗らず1人で落ち込み、特に「母乳で育てるのが愛情」「粉ミルクで育てると赤ちゃんが病気になる」などとする「母乳神話」に苦しめられたことを告白した。そして、「同じ悩みや悲しい気持ちになっているママたちに安心感と、前向きな気持ちを持ってもらいたくわざわざ公の場で言う必要もないのですがこうしてブログに書くことにしました」と公表した理由を明かした。

 その上で、「卒乳しても我が子はめちゃくちゃ元気ですくすく育ち、離乳食ももりもり食べ始めています」とし、「母乳=母の愛情ではありません。それぞれの事情やそれぞれ体調があります。母乳神話は母乳神話で、一理あるとも思っています。だから心苦しい気もしていましたが私は私。誰よりも娘に愛情をかけている自信があるからこそ、臆病になることなくいまの子育てをリアルに伝えていきたいと思います」と自らの思いをつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月22日のニュース