森川葵、バブルアートの大技に芸能人初成功!ファン称賛「ワイルド過ぎ!」「さすがっす」

[ 2020年10月22日 17:45 ]

女優の森川葵
Photo By スポニチ

 女優の森川葵(25)が21日放送の日本テレビ系「それって!?実際どうなの課」(水曜後11・59)に出演し、シャボン玉を巧みな技で自由自在に操る「バブルアート」に挑戦した。

 これまでサイコロをカップの中で積み上げる「ダイススタッキング」や「テーブルクロス引き」などに挑戦し、高難度の技を短時間で習得してきた森川。その姿から番組内で「ワイルド・スピード森川」との異名を取る。

 今回の「バブルアート」でも高難度の技を次々とクリア。芸能界でできる人はいないという大技「バブルウインドミル」にチャレンジすることとなった。この技は今回森川を指導したバブルアーティストのIkkiさん(34)でも習得に1年半かかったという。

 しかし森川は3回の挑戦であっさり成功。続けて「バブルウインドミル」より難しく、Ikkiさんでさえ成功率が20%だという「ダブルバブルウインドミル」にも挑戦したが、これも成功させてスタジオを驚かせた。

 森川は21日の番組放送前に自身のインスタグラムを更新。「今日はしゃぼんだまするよー!ぜひ見てね」と記し、シャボン玉を操る写真をアップ。放送後にはファンから「さすがっす」「よっ、スピードスター」「ワイルド過ぎ!」と称賛の声が届いた。

 22日にはストーリーを更新。「シャボン玉楽しかった!昨日も遅くまで見てくれてありがとう!」とコメントし、Ikkiさんとのツーショットをアップした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月22日のニュース