乃木坂46白石麻衣 卒業ライブまで1週間切り心境「メンバーのことが大好き」「めっちゃさみしい」

[ 2020年10月22日 15:47 ]

乃木坂46の白石麻衣
Photo By スポニチ

 「乃木坂46」の白石麻衣(28)が21日深夜放送のニッポン放送「乃木坂46白石麻衣のオールナイトニッポン」(深夜1・00)に出演し、卒業ライブまで1週間を切った心境を語った。

 番組冒頭、「わーい、始まりましたよ。めっちゃ緊張する。すっごい広いイマジンスタジオというところにいるんですけど、そこになんとひとりぼっち。え、めっちゃさみしい。卒業したら、こんなさみしくなるのっていう感じの気持ちなんですけど、すっごいさみしい…思った以上に。それ以上にすごく緊張している。ANNのパーソナリティーはすごくうれしいので、最後まで楽しんでちょっとワイワイいこうかなって思います」とハイテンションにあいさつ。普段、同時間帯にパーソナリティーを務めている新内眞衣(28)の放送も「よく聞いたり、聞きながら寝たりとかしているんですよ。毎週、乃木坂のメンバーも出ているので、みんなのかわいい声を聞きながら癒されてね」と続けた。

 白石は28日の配信ライブでグループを卒業する。「まだ正直、実感がわかなくて、卒業するっていう」と白石。「でも、いろんなものが『最後の〇〇』っていうのを聞いていると、乃木坂としてここに来るのも最後なんだなとか、しんみり思うことが多くなって。でも、卒業っていうことに関しては、まだそこまで実感がわいてないんですよ。28日、ライブがスタートして、ステージに立ったら、卒業するんだ!って思うのかなって思っていて。それまでは、変な気持ち、ドキドキしてる。卒業、さみしいな。みたいな」と率直な思いを吐露した。

 さらに「本当にメンバーのことが大好きだから、楽屋とかでも常日頃すごくふざけていろんな話をしたり、一緒にご飯食べたりしているから、そういうのも今後、なくなっちゃうのかなと思うと、めっちゃさみしい。でも、会えなくなるわけではないから、乃木坂46っていう看板を取れちゃうけど、メンバーにはいつでも会えるからね。その辺は前向きにというか、会いたいときに会えればいい」と語った。

 白石は1月に卒業を発表。当初は5月5~7日に計画していた東京ドーム公演を最後に卒業する予定だったが新型コロナウイルスの影響で開催が見送られ、卒業時期を延期。今月28日の配信ライブをもって卒業する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月22日のニュース