オール阪神・巨人 コンビ初の楽曲配信へ 芸能生活45周年「頑張ってきた証を…後輩にも伝えられたら」

[ 2020年10月22日 10:44 ]

11月11日に「誠!!浪速の晴れ姿」を配信リリースするオール阪神(右)、オール巨人(提供・吉本興業)
Photo By 提供写真

 芸能生活46年目の漫才コンビ「オール阪神・巨人」が、初めてコンビそろって歌う「誠!!浪速の晴れ姿」を11月11日から配信リリースすることが吉本興業から発表された。作詞・作曲は中村泰士氏(81)。

 2019年には春の紫綬褒章を受章、今年4月に芸能生活45周年を迎えた上方漫才界のレジェンド。漫才だけでなく、歌唱力でも評判のオール巨人(68)は82年の「あんじょうやりや」、4年前の「男の子守歌」など、過去に4枚のシングルを出している。2人がコンビで歌唱する楽曲は初めてで、『♪浪速漫才 我が道ならば 笑い誘える大阪に』で始まる歌詞は、史上最多の上方漫才大賞4度受賞のレジェンドコンビを歌った楽曲だ。

 巨人、オール阪神(63)はそろって「45周年を何かしら形で残したく。初めてコンビそろって歌ってみようと思いました。浪速の漫才師として頑張ってきた証を後輩の漫才師にも我々の思いを伝えられたらとそんな思いで歌いました。誰もが歌える楽曲に仕上がりました。盆踊りとかにもピッタリな曲で、皆が楽しめる楽曲だと思います。色々な仕事に一筋に頑張ってきた人や芸人、漫才師、長年生活を共にした夫婦にも聴いていただきたいです」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月22日のニュース