カズレーザー 菅新内閣の高齢化に「おじいちゃん内閣と言われるけど、こうなるのは当たり前」

[ 2020年9月20日 12:14 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 「メイプル超合金」のカズレーザー(36)が20日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)にゲスト出演。菅新内閣が“おじいちゃん内閣”と言われることに「こうなるのは当たり前」と言い放った。

 菅新内閣の平均年齢60・4歳、自民党役員は71・4歳が国際的に見ても高いと紹介した。

 これについて、意見を求められた「ロバート」の秋山竜次(42)は「ある意味、スーパーおじいちゃんの集まり。すごい、こんな人たちいない」とコメント。一方、カズレーザーは「おじいちゃん内閣と言われるけど、日本っておじいちゃんとおばあちゃんばっかり。日本の政策として、高齢者の方にもっとチャンスをあげるとか、労働力を増やそうという方針だったので、こうなるのは当たり前。(高齢化は)しょうがないんじゃないかと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月20日のニュース