本並健治氏、丸山桂里奈と「新婚さん」出演 文枝から「『テルマエ・ロマエ』出てませんでした?」

[ 2020年9月20日 13:21 ]

本並健治氏
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表GKでサッカー解説者の本並健治氏(56)が、20日放送のテレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0・55)に、妻で女子サッカー元日本代表のタレント丸山桂里奈(37)と出演し、丸山や司会の落語家・桂文枝(77)、山瀬まみ(50)らからいじり倒された。

 丸山と手をつないで仲良く登場した本並氏は、席へ座ると丸山から急かされ、「東京都から来ました…」と緊張気味におきまりのあいさつ。ところが、タイミングが早すぎたようで、山瀬から「まだまだまだまだ!」と突っ込まれて笑いが起きた。

 彫りが深く、日本人離れした顔立ちから、現役時代についたあだ名は「浪速のイタリアーノ」。文枝が「『テルマエ・ロマエ』に出てませんでした?」とボケると、山瀬も「出てた、出てた!濃い顔族!」と興奮気味に乗っかり、本並氏は「よく似た人は出てましたけど…」と苦笑いで返していた。

 丸山が本並氏の印象を語る中でも、「かっこいいなと思ってなかったけど、顔が歩いてる方だから。どちらかというと、足からというより顔から行ってる」といじられていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月20日のニュース