少年隊 錦織&植草が年内でジャニーズ退所 グループ名は存続「活動予定はないが後輩たちの道標に」

[ 2020年9月20日 17:05 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は20日、「少年隊」の錦織一清(55)と植草克秀(54)が年内いっぱいで退所すると発表した。少年隊については「今後、グループとして活動の予定はない」が、同事務所所属のグループとして名前は存続する。東山紀之(53)は今後も同事務所に残って活動を続ける。

 同事務所は錦織と植草について「2020年12月31日をもちまして、ジャニーズ事務所所属タレントとしての活動を締め括り、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます」と発表。

 少年隊については「功績と少年隊そのものは残したいというメンバーの意向を尊重し、これからも所属グループとしてその名を残すことといたしました。今後、グループとして活動の予定はないものの、これまでと変わることなく、ジャニーズ事務所におきまして、後輩たちの道標であり続けることができますよう、その環境を整えることといたしました」と説明した。

 3人はそれぞれコメントを発表し、錦織は「最後のワガママのつもりで、この歳になって本当の意味のひとり暮らしをしたいという希望を伝えたところ、快く承諾していただけた」と事務所へ感謝。植草も「お世話になりましたジャニーズ事務所の先輩、後輩の皆様、そして自分にとってかけがえのない仲間である、ニシキ、ヒガシ、忘れられない思い出と経験の数々を本当にありがとうございました」と呼びかけた。

 事務所に残留する東山は「2人とは、別々の道を模索する事となりました。これまで、親兄弟よりも濃密な35年間を過ごしてきましたし、その中で、誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています」とコメントした。

 また、デビュー35周年を記念したベストアルバム「少年隊35th Anniversary BEST」とDVD BOX「少年隊35th Anniversary PLAYZONE BOX 1986-2008」が12月12日に同時リリースされることも明らかになった。

 少年隊は1985年にデビュー。「仮面舞踏会」「君だけに」などが大ヒットを記録し、NHK紅白歌合戦には86年から93年まで8年連続で出場した。

 90年代に入ってからはソロ活動が中心に。86年の初演から23年間にわたってライフワークとして続けていた主演ミュージカル「PLAYZONE(プレゾン)」は08年をもって卒業。近年は、東山と植草は俳優業、錦織は演出家としての活動を中心に行ってきた。

 ▼錦織 一清(にしきおり・かずきよ)1965年(昭40)5月22日、東京都生まれ。小学校6年生の77年にジャニーズ事務所入り。ソロとしては舞台「スティング」「蒲田行進曲」などで活躍。愛称は「ニッキ」「ニシキ」。

 ▼東山 紀之(ひがしやま・のりゆき)1966年(昭41)9月30日、神奈川県生まれ。79年、ジャニーズ事務所に所属。93年にNHK大河ドラマ「琉球の風」で主演。舞台「沖田総司」、大河「元禄繚乱」など俳優としても幅広く活躍。2010年、女優の木村佳乃と結婚し2児の父親。

 ▼植草 克秀(うえくさ・かつひで)1966年(昭41)7月24日、千葉県生まれ。80年にジャニーズ事務所入り。85年、初ミュージカル「サスケ」で主演を務める。93年からTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に出演。94年、高校の1年後輩の元モデルと結婚。長男で俳優の樋口裕太と長女をもうけた。10年に離婚。13年に再婚し女児をもうけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月20日のニュース