田中みな実 不妊治療の保険適用の早期実現を訴え「聞いていて、辛いし、苦しい」

[ 2020年9月20日 13:42 ]

田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)が20日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)にゲスト出演。菅首相が打ち出した不妊治療への保険適用について「一刻も早くしてほしい」と訴えた。

 田中は「早期に適用されてほしい」と主張。不妊治療って長期にわたる場合が多くて、そうすると、莫大な費用がかかる。例えば、共働き夫婦だったとして、費用を捻出するのが困難なんです。不妊治療の費用を稼ぐために、より仕事をしないといけないという状況に追い込まれる。私が知ってる方は奥様が心身ともにまいってしまって、結果、子供を諦めなければならないという状況に」と説明。

 そういう不妊治療の話は「聞いていて、辛いし、苦しいなと思う」とし「保健適用は一刻も早くしてほしい」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月20日のニュース