丸山桂里奈「蛇口をひねるくらいの汗が脇から…」 “彼氏ナシ”告白から1カ月での結婚に恐縮

[ 2020年9月20日 18:33 ]

元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈
Photo By スポニチ

 元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈(37)が、20日放送の読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝!」(日曜後4・30)に出演し、MCの陣内智則(46)の追及に冷や汗をかいたことを告白した。

 丸山は7月に行われた番組収録で、過去の男性遍歴について赤裸々に告白した。しかし、陣内から「今はどうなんですか?彼氏の方は」と現在の恋愛事情についてたずねられると、急に「今は…いないですね。本当ですよ」としどろもどろに。様子がおかしいと察した陣内から「絶対ウソや!」と再三、突っ込まれていた。

 陣内の推測通り、収録から約1カ月後の今月5日、丸山は「第31回マイナビ東京ガールズコレクション」のステージ上で、元サッカー日本代表GKで解説者の本並健治氏(56)との結婚を電撃発表した。その後、番組に向けて「あの時(収録時)は言えなかったんですが、私、丸山桂里奈、結婚しました」とVTRでメッセージを寄せた。

 イベントでの発表予定だったためか、丸山は「いろいろと大人の事情があったみたいで」と説明。収録時点で結婚は「決まってました」と明かし、「すみません…」と申し訳なさそうに手を合わせた。さらに「『(彼氏は)いません』と言った時に、陣内さんに『怪しい』みたいなことを言われて、めちゃくちゃ汗かきました。普通の汗じゃなくて、ほとんど蛇口をひねるくらいの汗が脇から出てて。焦りました」と、丸山らしい言い回しで緊張のやりとりを回想。「あのまま突っ込まれ続けたら言ってたかもしれない」と白状していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月20日のニュース