ミルクボーイ内海、微熱でコロナ陽性診断 相方駒場は自宅待機 テレビ、ラジオ…売れっ子コンビで影響必至

[ 2020年9月20日 05:30 ]

新型コロナウイルスに感染したミルクボーイの内海崇
Photo By スポニチ

 昨年、若手漫才日本一を決める「M―1グランプリ」で優勝したお笑いコンビ「ミルクボーイ」の内海崇(34)が新型コロナウイルスに感染したことが19日、分かった。所属する吉本興業が公式ホームページで発表した。

 内海はこの日、自身のツイッターで「昨夜(18日)から微熱や体に違和感があり」検査をしたところ感染が判明したと報告。「しばらく療養させていただきます。たくさんの方にご迷惑とご心配おかけしまして、申し訳ございません。皆さまもお気をつけください」とした。

 発表によると、内海は18日、なんばグランド花月での仕事などを終えて大阪市内の自宅に帰宅。その後に検温して37・2度の微熱があったため、大阪市内の病院で抗原検査を受け「陽性」と診断された。19日に、保健所からPCR検査は不要で「陽性」確定との連絡を受けた。その後も、PCR検査は受けていない。発症日は18日になるという。

 内海は現在、自宅待機している。相方の駒場孝(34)も自宅待機中。濃厚接触者になるかの認定がされていない状態で、濃厚接触でなかった場合でも、自主的に検査を受ける予定だ。

 2人はこの日、大阪・万博記念公園で開催された「よしもとドライブインシアター」への出演を取りやめ、20日の静岡・沼津の劇場でのトークイベントが中止になった。21日以降の舞台やテレビ収録も当面、キャンセルとなった。テレビ3本、ラジオ1本のレギュラーを持つなど売れっ子の2人だけに影響が広がりそうだ。

 吉本興業は「濃厚接触者確定など、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処してまいります」としている。

 ▽ミルクボーイ 内海崇(うつみ・たかし)1985年(昭60)12月9日生まれ、兵庫県出身の34歳。駒場孝(こまば・たかし)1986年(昭61)2月5日生まれ、大阪府出身の34歳。大阪芸大の落語研究会で知り合い、07年にコンビ結成。ボケの駒場が振る“オカン”が忘れた物の名前と特徴の話題に、ツッコミの内海が否定と肯定を続けるスタイルが持ち味。19年のM―1では「コーンフレーク」と「もなか」ネタを披露し優勝した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月20日のニュース