さんま、元カラテカ・入江慎也氏に遭遇「偶然。街のド真ん中で」

[ 2020年9月20日 11:23 ]

タレントの明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が19日、パーソナリティーを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。特殊詐欺グループとの間で闇営業を仲介したとして、昨年吉本興業を契約解除となった元カラテカ・入江慎也氏(43)と「昨日、会うたんや、偶然。街のド真ん中で」と明かした。

 「今からどこ行くねん?」と、さんまが尋ねると、入江氏は「ハウスクリーニングに行きます」と答えたという。今年8月、清掃会社「ピカピカ」を設立したことを自身のSNSで発表し、同社の代表取締役に就任したことも明かしていた入江氏。第2の人生を歩む後輩に、さんまが「入江、頑張れ」とエールを送ったところ「師匠、もし部屋が汚れてたら行きますんで。よろしくお願いします」と語っていたという。

 別れ際に、入江氏は「ツーショット写真をお願いします」と、写真を撮影を求めてきた。当時、さんまは車の運転中だったそうで「(入江が)道路から来て『写真を…』って。『いやいや、お前な』って言うてたら、大渋滞になった。『はよ帰れ!写真撮られて“大渋滞巻き起こしてる”とか言われるぞドアホ!』って」と、やりとりを振り返って笑いを誘いつつ、入江氏が「元気」だったことを伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月20日のニュース