“キュウレンジャー”大久保桜子 初写真集で初水着披露 21歳の野望は“アベンジャーズ”

[ 2019年7月20日 13:46 ]

初写真集「SAKURAKO」発売記念イベントを開いた大久保桜子
Photo By スポニチ

 女優の大久保桜子(21)が20日、都内で初写真集「SAKURAKO」(ワニブックス)の発売記念イベントを開いた。

 大久保は子どもの頃からCMやドラマなどで活躍し、2017年にテレビ朝日「宇宙戦隊キュウレンジャー」のハミィ/カメレオングリーン役で連続ドラマデビュー。写真集の中では初めて水着姿も披露し「自己採点100点満点の最高の作品」との自信をみせた。

 この日、21歳の誕生日を迎えた大久保。かねて「20歳を超えたら水着の写真を撮りたかった」といい、ビキニやランジェリー姿など大胆で大人っぽいショットにも「むしろ私からやらせてもらったので、抵抗がなかった」と微笑んだ。

 しかし、出来上がった写真集を手に取ると、「海やプールに行ってもそこまで露出したことはなかったので、自分で見ていても恥ずかしい」と顔を赤らめた。撮影前には「肌荒れに気をつけていて、アップで撮られるので甘い物を摂らないように心掛けた」と話した。

 撮影は初めて訪れたグアム島。「海もきれいで、日本と違うところがいっぱいだった」と目を輝かせた。また、これを機に今後は「海外でお仕事がしたい!」との野望も。得意だという英語を生かして、「アベンジャーズみたいな映画に出てみたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース