田村亮、会社への不信感を告白「在京・在阪のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫、と言われた」

[ 2019年7月20日 19:53 ]

会見で号泣する田村亮(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が20日、同じく無期限謹慎処分となっているお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)とともに、都内で謝罪会見を開いた。問題が発覚した6月以来、関係者が会見を開くのは初めて。

 会見では、謹慎が発表された6月24日に交わされた社長とのやりとりを赤裸々に語った。謹慎を伝えられた際、亮が「記者会見をやらせてほしい」と頼み込んだが、社長から「お前らテープ回してないやろな。お前(亮)、やめて一人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな。俺にはお前ら全員をクビにする力がある」と言われたと告白。

 また、宮迫が社長に「引退会見でもいいので、謝罪をさせてくれ」と嘆願したものの、社長からは「引退はさせない。させるわけにはいかない」と突っぱねられたという。しかし、その後「謝罪会見をさせてやる。その代わり、期間はこちらで決定する」との回答があったが、進展のないままこの日へ。会社への不信感から弁護士を付けることにしたことも明かした。

 亮は宮迫と弁護士を付けてから、会社側の態度が変わったように感じたといい「そこからは吉本の弁護士さんとしか話ができなくなった。僕たちは一方的に(会社側から)話を受けたり、会見が開けなくて不信感が出てきた。謝罪会見をしたい、世間の人に謝りたいという話が、どこからか変わっていった。会見も“ネットとかで全部見られるようにしてくれませんか”と伝えたが“いやいや、それはこっち側で決めるから”と言われた」と遣り取りを説明。

 続けて「僕が不審に思ったのが“在京5社・在阪5社のテレビ局は、吉本の株主だから大丈夫”と言われたこと。僕らからすると、何が大丈夫なのかよく分からなかった。僕たちの本当の気持ちを伝えられないのではないかと思い、不安になった」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース