東国原英夫 宮迫、亮の今後は「この記者会見に掛かっている」ポイント3つ指摘

[ 2019年7月20日 14:34 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(61)が20日、自身のツイッターを更新。反社会的勢力との闇営業問題で19日に所属の吉本興業から契約解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と、謹慎中の「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が、この日午後3時から会見を開くことについてコメントした。

 東国原は、今回行われる会見において「ポイントは大きく3つ」あるとし「知り得ることを包み隠さず、全てを正直に話す事」「記者による辛辣で狡猾、挑発的な質問に対して感情的にならない事」「時間を区切らず、質問が出尽くすまでやる事」と挙げた。

 そして「本人達の一挙手一投足を視聴者は見ている。今後の両氏の動向・未来はこの記者会見に掛かっていると言っても過言では無い」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース