宮迫、契約解消 吉本と信頼関係崩壊…引退会見“ドタキャン”自ら申し出

[ 2019年7月20日 05:30 ]

「雨上がり決死隊」の宮迫博之
Photo By スポニチ

 吉本興業は19日、特殊詐欺グループとの間で闇営業を行ったとして謹慎処分となっていた、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)のマネジメント契約を解消したと発表した。宮迫は一度は引退を申し出て、引退会見の会場まで同社が押さえたが、寸前で自ら「契約解消でいい」と告げたという。今後の会見予定もない。「金銭は受け取ってない」というウソから騒動の傷口が広がり、人気者がタレント生命を失うという最悪の結末を迎えた。

 吉本はこの日、午後1時すぎに報道各社に文書を送付。「諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断」したとして、19日付での契約解消を報告した。宮迫と同じく進退について同社と話し合いをしていたロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)については現行通りの謹慎処分という。

 闇営業問題は6月に発覚。すでに吉本から契約解消されたカラテカ入江慎也(42)の口利きで、14年12月に宮迫や亮ら4人が、特殊詐欺グループの忘年会に参加したことが報じられた。当初はギャラをもらっていないとしていたが、説明が虚偽だったことが判明。宮迫は6月25日に謹慎となった。

 この日発売の写真誌「フライデー」が掲載した、16年に約7億5000万円相当の金塊を強奪した主犯格の被告と宮迫の集合写真について吉本側は「交友関係はなく、問題はない」と判断した。

 では契約解消の判断に至ったのはなぜか。端緒は宮迫と吉本側の信頼関係のほころびだ。そして最終的に、引退の意志を固めていた宮迫が「吉本との決別」という形の決着を選んだという構図が浮かび上がってきた。関係者によると「宮迫と吉本の関係は修復不可能になっていた」と話す。

 テレビ局幹部ら複数の話を総合すると、問題発覚から双方が話し合いを重ねる中で、たびたび引退の意向を切り出しており「周囲の芸人が勧めたとおり、会見したいとの意向も持っていた」という。

 しかし、吉本側では宮迫が虚偽の報告をしたことなどから当初から信頼が揺らいでおり、交渉は物別れが続き、互いに当初から不信感を募らせていた。

 その中で「宮迫さんが弁護士を立てた」とテレビ局幹部は語る。吉本側も弁護人を通じての交渉に切り替えたことで意思疎通がさらに円滑に運ばなくなり、溝を深めることになった。

 芸人と契約書を交わさず信頼関係で築かれていたお笑い界最大の帝国が、弁護士を挟み芸人と向き合うという“らしさ”を失う形に。ダメ押しは19日の幻の会見を巡るすれ違いだ。

 複数の芸人仲間によると、吉本は18日夜、自らが主導し、19日12時から会見を行うべく都内のホテルを押さえた。だが宮迫は18日夜の打ち合わせに現れず。中堅芸人によると、宮迫からは直接電話で「会見はしません。契約解消でいいです」と連絡があったという。

 事情を知る関係者は「宮迫は吉本に信頼がおけない中、会社のセッティングに委ねたくないと思ったのでは」と話す。これを受け吉本は19日朝、弁護士を通じて宮迫に処分を通達。宮迫も受け入れた。

 解雇相当の契約解消となったことで、将来的な吉本への復帰はほぼ断たれ、芸能活動については、これで一度終止符が打たれることになる。「アメトーーク!」など10本のレギュラーを持つ売れっ子にとっては、あまりにも寂しすぎる最後となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース