たけし、宮迫&亮の会見に言及「この会見はかわいそうだよ」吉本には「最低保障ぐらいしろよ」

[ 2019年7月20日 22:52 ]

タレントのビートたけし
Photo By スポニチ

 タレントのビートたけし(72)が20日、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)に生出演。この日、事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が行った会見について言及した。

 約2時間半の謝罪会見。2人は闇営業問題の経緯や会社側との遣り取り、励ましの言葉を掛けた先輩芸人を裏切ったことの自責の念や、給料が少なく直接営業もせざるを得ない後輩芸人の現状など、さまざまな思いを語った。

 番組では謝罪会見の模様をVTRで約35分間に渡って放送。安住紳一郎アナは「約2時間半の会見を35分に編集しました。編集の内容にご意見あると思いますが、なるべくエッセンスを入れたものにしました」と説明。

 たけしは「あんまり言うと、放送禁止だらけになっちゃうんだけどね。猿回しと一緒で、俺ら芸人は猿なんだ。猿が人を噛んで、猿に謝れって言ったってダメ。飼っている人が謝るんだよ。芸人にこういう姿を見せるのはダメ。あの時の涙を流して記者会見をしたヤツの芸を誰が見て笑うんだってなるから、これはやらせたくないんだよ。これはやってくれるなと思う。芸事はそういうことを全部忘れて、明るくくだらないなと見てもらうのが芸なんだから」とコメントした。

 「あと、もっと考えないといけないのが、闇営業とかをやらないと食えないような状態の事務所の契約は何だということ。若手も出てきて、事務所がこういう仕事をして、いくらくれるとか言ったほうがいいんだって。家族がいて食えないようにしたのは誰なんだと。だったら雇うなよってこと。最低保障ぐらいしろよと」と言及。

 「何回も言うけど、お笑い芸人にこんなことやらせてほしくないのよ。俺はケガしても出ていったけど、それは“こんなに醜くなった姿を見せてやろう”と腹をくくって出ていったけど、この会見は腹決まって出ていってない。かわいそうだよ」と述べた。

 「俺も言ったんだよ。“すぐにいくらもらったか言え”って。事務所を含めて一緒に出ていって、すいませんでしたと頭下げたら済んだんだよ。それで数ヶ月、半年、1年かもしれないが、謹慎して出直しますって言えば済んだことなのに、どんどん大きくなっていった」と“初動”のまずさを指摘。

 さらに「本当のことを言うと、お笑い芸人に社会性とか安定とかを望む社会がちょっと変だよ。おいらはそれが嫌で芸人をやっているんだから。品行方正さを漫才芸人に求めちゃダメ。品行方正を求められたタレントがいいのかと思ったら、“最近の芸人はつまらない、危険度がない”って言う。それじゃあ、どっちなんだよって」と嘆いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース