嵐が東京五輪盛り上げる!スイスIOC訪問の櫻井「奇跡的なスケジュール」でジャニーさんと対面

[ 2019年7月20日 05:30 ]

<2020スタジアム取材会>笑顔でフォトセッションに応じる櫻井翔、大野智、相葉雅紀、二宮和也、松本潤(左から)ら嵐 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 嵐が19日、都内で、司会を務めるNHKの2020年東京五輪・パラリンピック関連番組「2020スタジアム」の会見を行った。

 今月9日に死去したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長も、東京大会に向けた新ユニットの結成を構想するなど、五輪を楽しみにしていた。二宮和也(36)は「生きて大会を迎えることはできませんでしたが、ジャニーさんの思いは関わった者全員で引き継いでオリンピックに参加したい」と語った。

 番組でスイスの国際オリンピック委員会(IOC)本部を訪問した櫻井翔(37)は、ジャニーさんが亡くなった9日の深夜に出発し、家族葬が営まれた12日に帰国。両日とも遺体と対面できたといい「行きも帰りも飛行機が少しずれていたら会えなかった。待っていてくれたと言うとおこがましいですが、奇跡的なスケジュールでした」と振り返った。

 同番組ではメンバー5人がアスリートや関係者と触れ合いながら、大会の魅力を伝える。五輪開幕のちょうど1年前となる今月24日に第1回が放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース