テレビ朝日・竹内由恵アナ、一般男性との結婚を機に退社「両立難しく」…「報ステ」は9月いっぱいで卒業

[ 2019年7月20日 11:10 ]

テレ朝・竹内由恵アナ
Photo By スポニチ

 テレビ朝日は20日、竹内由恵アナウンサー(33)が一般男性との結婚を機に、同局を退社し、出演中の「報道ステーション」は9月いっぱいで卒業すると発表した。

 竹内アナは同局を通じ、コメントを発表。「11年間お世話になったテレビ朝日を退社することになりました」と報告し、「結婚するにあたって東京から離れて住むことになり今の仕事との両立が難しく、新しい生活をスタートする道を選びました」と経緯を明かした。

 続けて「何者でもない自分の夢をたくさん叶えてくれたテレビ朝日、応援してくださった視聴者の皆様には感謝の言葉しかありません。感動と笑いに溢れた日々はもちろん、小さなことで悩む未熟な自分を励まし助けてくれた人たちがいたことが温かい思い出として残っています」と思いを吐露。今後については「家庭を大切にしながら、一歩一歩前に進んでいきたいと思っています」とつづった。

 竹内アナは2008年4月に同局に入社。「ミュージックステーション」で8代目サブ司会を務めたほか、「やべっちFC」の進行キャスターや「世界水泳2011」の現地キャスターなどを担当。現在は「報道ステーション」で月~木曜日のスポーツキャスターおよび金曜日のメーンキャスターを担当している。同番組は9月いっぱいで卒業する。

 竹内アナのコメント全文は以下の通り。

 11年間お世話になったテレビ朝日を退社することになりました。結婚するにあたって東京から離れて住むことになり今の仕事との両立が難しく、新しい生活をスタートする道を選びました。何者でもない自分の夢をたくさん叶えてくれたテレビ朝日、応援してくださった視聴者の皆様には感謝の言葉しかありません。感動と笑いに溢れた日々はもちろん、小さなことで悩む未熟な自分を励まし助けてくれた人たちがいたことが温かい思い出として残っています。今後は家庭を大切にしながら、一歩一歩前に進んでいきたいと思っています。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月20日のニュース