ロンブー亮、相方・淳、ラジオのリスナーに虚偽報告「嘘を言って、嘘を増やした」

[ 2019年7月20日 16:11 ]

会見で号泣する田村亮(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が20日、同じく無期限謹慎処分となっているお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)とともに、都内で謝罪会見を開いた。問題が発覚した6月以来、関係者が会見を開くのは初めて。

 「金銭はもらっていない」とのウソから傷口が広がった今回の騒動。亮は、相方の田村淳に、そして、ツイッター、ラジオの生放送で「うそを言ってしまった」と振り返った。

 ラジオ生放送で今回の件について説明した日は、会社に金銭の受領があったことを伝えた末に「静観する」と結論を出した日だったという。「その足でラジオに行った。何か話を合わせるのは得意でないので、“答えられません”と言えばいいのに、嘘を言って、嘘が増えた」と厳しい表情。「すみませんでは足りないと思います。反省してますし、すみませんとしか言いようがないです」と声を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月20日のニュース