宮迫・ロンブー亮が謝罪会見 問題発覚後初 宮迫「全ては僕のせいです」

[ 2019年7月20日 15:01 ]

謝罪会見を行った宮迫博之(左)とロンドンブーツ1号2号の田村亮
Photo By スポニチ

 事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が20日、同じく無期限謹慎処分となっているお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)とともに、都内で謝罪会見を開いた。問題が発覚した6月以来、関係者が会見を開くのは初めて。

 宮迫は会見はじめに「今日、こういった会見の場を、この機会を与えていただき、皆さまにお集まりいただいたのは、何よりも詐欺の被害に遭われた被害者の方々、そのご家族、親族の方々にとんでもない不快な辛い思いをさせてしまっていることをお詫びさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 亮も「詐欺被害に遭われた方々、その親族や友人の方々。不快な思いにさせてしまい、嫌な気持ちにさせてしまい本当に申し訳ありませんでした」と詫びて、「僕の弱い部分、人としてダメな部分、そのせいで虚偽の説明をしてしまい、その言動によって不快な気持ちをさせてしまった全ての方々、本当に申し訳ありませんでした」と2人で頭を下げた。

 宮迫は「今回の件で後輩にも迷惑を掛けてしまった。全ては僕のせいです」と語った。

 宮迫については、吉本興業が19日に書面を通じ「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付でマネジメント契約を解消しました」と報告。会見を行う予定はないとしていたが、この日、宮迫と亮がそろって、自身のツイッターで会見を開くと発表。さらに、2人の連名でマスコミ各社に文書を送信し「我々自らの言葉で、事実のご説明と、謝罪の意を表する機会をいただければと思い、会見を実施する運びとなりました」と説明していた。

 2人は、6月7日に発売された写真週刊誌「FRIDAY」で14年12月に、カラテカ入江慎也(42、すでに契約解除)の仲介で特殊詐欺グループの忘年会に参加したことが報じられた。当初はギャラをもらっていないとしていたが、受領があったことが判明。騒動を受け、2人をはじめ、吉本芸人13人が謹慎処分に。また、宮迫は19日発売の同誌で、16年に約7億6000万円相当の金塊を強奪した主犯格と集合写真に納まる様子が掲載された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース