宮迫、妻は引退の勧め「もう辞めた方がいい。後輩たちも巻き込んでいるんだからと」

[ 2019年7月20日 16:44 ]

謝罪会見で相方への思いを聞かれ、唇をかむ宮迫博之
Photo By スポニチ

 事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、吉本興業からの契約解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が20日、都内で、同じく無期限謹慎処分となっているお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)とともに謝罪会見を開いた。問題が発覚した6月以来、関係者が会見を開くのは初めて。

 宮迫は「今回の件で後輩にも迷惑を掛けてしまった。全ては僕のせいです」と謝罪した。

 家族との遣り取りを聞かれると「妻は一般の人間なので“なぜ謝罪会見ができないのか”と言ってました。この会見は正直な話を言う場なので話しますが、会見をさせてもらえないということを妻に言うと“もう辞めた方がいいんじゃないか”と。“自分のせいなんだから、後輩たちも巻き込んでいるんだから、引退も考えたら”と妻から言われた」と明かした。

 息子との話については「息子は大学生なのですが、しっかりと話すことはできていません。経緯を話そうとすると“分かった、分かった”と離れていくので、彼がどのように感じているのか、父親としては失格なんですが、彼の気持ちは量り兼ねています」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月20日のニュース