【宮迫・亮会見 一問一答(6)】ロンブー淳 亮へ「俺個人的にはコンビ解散と思ってない」

[ 2019年7月20日 22:15 ]

宮迫博之・田村亮 謝罪会見 ( 2019年7月20日 )

謝罪会見で涙を流すロンドンブーツ1号2号の田村亮
Photo By スポニチ

 ――千原ジュニアさんなどの吉本天然印の方や仲間がSNSや番組を使って2人にメッセージや言葉を発信していたと思うんですけど、なにより相方さんですよね。その方々にこの場を借りて伝えたいことってありますか?

 宮迫「付き合いが長すぎて、兄弟みたいにやってきたやつらを裏切ってしまったんです、すいません。申し訳ないとかそんな言葉で許されるなんて思っていません」

 ――亮さんはどうですか。

 亮「僕は今回この会見をするというのを、ツイッターで11時過ぎくらいに送ったんですけれども、その前に淳と電話しようとしていて…ずっと電話してたんですけどなかなか連絡つかず。結局(ツイッターに)上げた後になっちゃったんですけど、話すことができて。その途中、前の前の日にも話せて、僕が引退をするか契約解除かっていう話をしてたんですけど、僕は契約解除の方を選ぶか、正直言って迷ってました。淳は、吉本辞めるってことはずっと一緒にやってきた淳と一緒にできないっていう判断をしなきゃいけないし、一緒にやってきた番組のスタッフとも離れなきゃいけない。けど僕はずっと同じことしか言ってなくて…ちゃんと自分の口で謝りたい。ちゃんとお金の件を言いたい。ちゃんと、本当のことを伝えたいということを、させてくれないっていうことがどうしても引っかかって、それでなかなか答えが出せなかったですけど、僕の場合はまだ契約解除っていうのが出てなかったから、余計また迷う…そこで契約解除ってなってたら、また自分の中で何かなったのかも分からないですけど、会見を開いている今でも契約解除になってなくて、その状態が、その状態もしんどくて…それで淳には申し訳ないんですが、宮迫さんと記者会見するということで僕の腹も決まり、淳とコンビができなくなる…すまない。けど、本当のことがやっぱり言いたいと、そうしたら淳は『相談はしてほしかった。けどお前が正直なことを言うのは応援する。俺個人的にはコンビ解散と思ってないからな』って言ってくれました」

 宮迫「僕も相方に対してちゃんと言えてないので…30年、誰よりも一緒にいて、親よりも子供よりも誰よりも一緒に長く時間を過ごして、こんな奴のためにあいつは何回も何回も頭を下げてくれているんです。何回も何回も、こんなダメ人間のために頭を下げてくれていると思います。くれているんです。なのに、今回の騒動で、電話かけたら、『大丈夫やから。俺は大丈夫やから、こっちは大丈夫やから』と。だから、やっぱり申し訳ないじゃすまないです。すいません」

 ――今回「闇営業」という言葉が広く蔓延したんですけれども、皆さんの世界では「直」という言葉のようですが、これまでの芸人生活の中で直のお仕事というのは2人はあるんでしょうか。

 宮迫「僕は30年やっていますので、大阪時代、30年近く前というのは、先輩に誘われて何度か。それでもあまりそういうふうな誘いで行くことはない方だとは思うのですが、行ったことはあります」

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月20日のニュース