糸井嘉男氏 中継解説でノーノー目撃…近本の一直に「嘘やん!」「阪神は切り替えやすい」

[ 2024年5月24日 21:18 ]

セ・リーグ   阪神0―1巨人 ( 2024年5月24日    甲子園 )

糸井嘉男氏
Photo By スポニチ

 阪神OBの糸嘉男氏(42)が解説を務めた阪神―巨人戦で戸郷のノーヒットノーランを目撃した。

 そのときが近づき、現役時代に目の前でノーヒットノーランを見たことはあるか?とアナウンサーに聞かれると「覚えていない」とまさかの返答。

 阪神の攻撃が9回1死一塁とチャンスを迎えると「見応えあるねえ」と興奮気味だった。

 ところが近本のバットが捉えた打球は一直。その瞬間、糸井氏は「嘘やん!」と絶叫した。

 これにはネットも「もはやただのファンの反応www」「糸井さん、嘘やん!は解説じゃないからw」「糸井さんのそういうとこ好き」と話題になった。

 戸郷がノーヒットノーランを達成。甲子園で阪神が巨人にノーヒットノーランされるのは1936年の沢村栄治以来88年ぶり。

 この屈辱にも糸井氏は「タイガースにとっては切り替えやすい。(戸郷が)良すぎた」と淡々と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月24日のニュース