阪神・大山 4番の仕事ばっちり「しっかり振り切ることができた」好機4度凡退には猛省

[ 2024年5月24日 05:15 ]

セ・リーグ   阪神2―1広島 ( 2024年5月23日    マツダ )

<広・神> 初回2死二塁、大山は先制適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・大山が2試合連続で初回に先制の決勝打を放った。「追い込まれていましたが、しっかり振り切ることができた。先制点を取ることができて良かった」。2死二塁から初対戦だったハッチに2球で追い込まれながら、1球ボールを挟んだ4球目の内角直球をおっつけて右前へ。二塁走者の中野を悠々と本塁へ迎え入れた。

 前夜は球団生え抜きでは田淵幸一らの最速に並ぶ8年目での500打点を達成したばかり。リーグ最速で通算1万試合に到達した節目の一戦でも最初の打席に4番として存在感を示しながら、3回無死満塁で一飛など2打席目以降の4打席は全て好機で凡退。「追加点を取れるチャンスはいっぱいあった。粘ってもらったチームメートに感謝しかない」と猛省した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月24日のニュース